ろうきん全国労働金庫協会

文字サイズ

色合い

標準

ろうきんかんたんガイド

ろうきんの社会的役割

社会的役割

「協同組織の福祉金融機関」として
みんなの生活を支える社会的な役割を担っています。

社会的役割

ろうきんは、協同組織の福祉金融機関として果たすべき社会的な役割を常に考えています。例えば「生活応援運動」。労働組合や生協の組合員などろうきんを利用する方々の生活を「生活設計・生活防衛・生活改善」の3つの取組みでサポートしています。また、福祉事業団体や国・地方自治体と連携した様々な制度作りや制度の改善などにも取組んでいます。
※名称は、ろうきんによって異なる場合があります。

社会的役割

福祉金融機関として

ろうきんは設立以来ずっと、はたらく人とともに歩んできました。
これからも、一人ひとりの生活に寄り添って様々な声をお聴きし最も身近で信頼される金融機関を目指して歩んでまいります。

ろうきんは、1950年に岡山と兵庫に設立されると短期間で各都道府県に広がり、現在では日本全国のエリアを13の労働金庫のネットワークでカバーしています。設立以来ずっと、はたらく人のくらしを守る活動や被災者支援など、日本で唯一の協同組織の福祉金融機関としてその役割を果たしています。

ろうきんの歩み

1950年 岡山と兵庫でろうきんが設立
1952年 炭労・電産ストに際し生活資金融資
1953年 労働金庫法施行・西日本水害関係・年末資金関係等政府資金融資導入
1959年 伊勢湾台風被災緊急融資
1964年 新潟地震災害に伴う特別融資
1971年 「勤労者財産形成促進法」(財形法)制定に尽力
1972年 財形貯蓄の取扱開始
1983年 全国統一「サラ金対策キャンペーン」を展開
1995年 阪神・淡路大震災に際し特別融資や震災遺児支援定期預金「応援<エール>30」発売
1998年 「勤労者生活支援特別融資制度」を創設 ※不況による収入減少者を救済
1999年 郵便貯金(現ゆうちょ銀行)とのATM提携開始 ※入金手数料の無料化
2002年 確定拠出年金の業務開始 ※企業年金対策・支援業務を開始
2004年 セブン銀行とのATM提携開始 ※利用手数料0円(7:00〜19:00)を実現
2007年 「生活応援運動」を全国のろうきんで展開 ※多重債務に陥った勤労者の救済
2008年 イオン銀行とのATM提携開始 ※※利用手数料0円を実現
2011年 東日本大震災に際し特別融資や震災遺児支援策を全国で展開
2014年 ATM提携サービスの拡充 ※セブン銀行利用時間を24時間化
2016年 イーネット、ローソン・エイティエム・ネットワークス、ビューカードと のATM提携開始 ※利用手数料0円を実現
熊本地震に際し特別融資などの支援策を展開
2018年 頻発する自然災害の被災者を支援するため、災害救援ローン(無担保)の適用金利を引下げ、全国統一対応を実施

社会貢献活動

ろうきんは、人々が喜びをもって共生できる社会の実現を目指しています。

社会的役割

ろうきんは、「ろうきんの理念」において「ろうきんは、会員が行う経済・福祉・環境・および文化にかかわる活動を促進し、人々が喜びをもって共生できる社会の実現に寄与することを目的とします」と掲げています。
近年では、こうした目的を実現するために震災復興支援定期預金(利息を被災地に寄付)や社会貢献定期預金(利息の一部を社会貢献目的に利用)、勤労者生活支援特別融資制度(雇用環境悪化に伴う生活資金融資)などに取り組んでおり、ろうきんの事業そのものが社会貢献につながっているものも少なくありません。ろうきんは、様々な活動を通し、人と地域と環境に優しい共生社会づくりを進めています。

社会貢献活動

ろうきんのCSR活動はこちらのサイトでも紹介しています。

ろうきんCSR広場

ろうきんを知る

ページトップ