ろうきん全国労働金庫協会

文字サイズ

色合い

標準

ろうきんの商品・サービス

上手なお金の貯め方

お金を貯めるには実は"コツコツ"が近道。
"自動的に貯まる仕組み"を作りましょう!

上手なお金の貯め方

毎月の生活費から余った分で貯蓄をするのでは計画性がなく、"結局貯まらなかった!"ということになりかねません。では、お金を使う前に貯めるという方法はどうでしょうか?
例えば、会社で手続きができる「財形貯蓄」なら、毎月の給料を手にする前に、指定した金額が自動的に貯蓄されます。そのため、知らず知らずのうちにお金が貯まるというわけです。
また、財形貯蓄には積立の目的によっては利息に税金がかからない非課税財形(住宅・年金)もありますので、まずはお金を貯める仕組みを作ってみましょう!

ワンポイントアドバイス

普通預金

公共料金や各種税金などの自動引き落としや、年金、給与の受取口座としてご利用いただけます。

貯蓄預金

普通預金の出し入れ自由は便利さと、お預け入れ残高に応じた段階金利の有利さをあわせもった商品です。

定期預金

まとまった資金のお預け入れにご活用いただけます。

財形貯蓄

財形貯蓄

積立式定期預金(エース預金)

お勤め先に「財形貯蓄制度」が導入されていない場合でも様々なライフプランに合わせて自由に積立ができます。

つみたてNISA

2018年にはじまった、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。
投資初心者をはじめ、幅広い年代の方(20歳以上)にとって利用しやすい仕組みとなっています。
(19歳以下の方にはジュニアNISAという制度があります。)

ろうきんの財形貯蓄

ろうきんの財形貯蓄は、契約件数も貯蓄残高も「日本一」。

財形貯蓄は、契約件数285万件でお預かり残高は3兆8,218億円。
ろうきん業態は、2004年度以降、契約件数、貯蓄残高ともにずっと1位となっています。
(2017年3月末現在)

  • 主要金融機関別財形貯蓄契約件数
  • 主要金融機関別財形貯蓄残高

企業年金・企業型確定拠出年金

全国のろうきんでは、労働組合の退職金・企業年金を守る取組みをサポートするために企業年金に関する情報提供や労働組合向け研修会の開催、確定拠出年金における元本確保型商品の提供などの取組みを展開しております。詳しくは、労働金庫連合会「ろうきんの企業年金に係る役割発揮宣言」Webサイトをご覧ください。

退職金・企業年金サポート

個人型確定拠出年金(iDeCo)

老後のおカネが不安ならiDeCo(イデコ)でおトクに年金を育てよう。

イデコのメリット

少子高齢化が急速に進む中、将来自分がちゃんと年金をもらえるか不安を抱く方も多いと思います。今後、年金支給開始年齢の引き上げ、年金支給額の減額などがさらに進む可能性は否定できません。これからの時代、年金は国だけでなく自分でも育てていくことが大切になります。
自分で年金を作る方法は、財形年金や個人年金保険などいくつかありますが、2017年1月から始まったのがiDeCo(イデコ)、(個人型確定拠出年金)です!節税メリットが大きく、現役世代ならだれでも利用ができます。
これからの時代、年金は国だけでなく自分でも作っていくことが当たり前になるかもしれません。
自分で年金を作る方法は、財形年金や個人年金保険などいくつかの方法がありますが、2017年1月以降、注目されているのがiDeCo(イデコ)と呼ばれる個人型確定拠出年金です!節税メリットが大きく、現役世代ならだれでも利用できます。

  • イデコのメリット
  • スペシャルサイトはこちらから
    ろうきんのイデコ スペシャルサイト

※お勤めの企業に企業型確定拠出年金がある場合、個人型確定拠出年金の加入にあたっては事業主へ確認が必要です。
※個人型確定拠出年金は、60歳まで原則引出すことができない等、留意点があります。詳しくは「ろうきんのイデコスペシャルサイト」をご覧ください。

各種商品の詳細は、お取引のろうきんのホームページをご覧ください。

ろうきんの商品・サービス

ページトップ