ろうきん全国労働金庫協会

文字サイズ

色合い

標準

お知らせ

第90回定時総会および第14回全国労働金庫大会を開催しました

全国労働金庫協会は、6月28日(木)、東京・ホテルラングウッドにおいて、第90回定時総会および第14回全国労働金庫大会を開催しました。



20180628_1.jpg

  第90回定時総会の様子



総会終了後に第14回全国労働金庫大会を開催し、労働者福祉事業団体、労働金庫運動中央推進会議、報道機関、全国の労働金庫関係者など約250名のご参加をいただきました。
また、連合 逢見会長代行、金融庁 森長官、厚生労働省 蒲原事務次官および成田大臣官房 審議官、日本銀行 衛藤理事、中央労福協 花井事務局長をご来賓としてお迎えしました。

冒頭の中江理事長からの挨拶では、ご来賓をはじめとするご臨席の方々に対して、日頃からのご支援とご協力への感謝と今後の取組みへの決意が表明されました。 また、ご来賓の方々より大会開催の祝辞と〈ろうきん〉への応援のご挨拶を賜りました。

金融庁の森長官からは、〈ろうきん〉が設立以来、勤労者のための福祉金融機関として、勤労者のニーズに応える商品やサービスの提供に努めており、「顧客本位」の運営を心掛けていることに触れ、人生100年時代が到来する中で、退職者の生活資金ニーズや資産形成ニーズが増えていくことが見込まれる中、真に頼りになる〈ろうきん〉であり続けてほしいという期待が述べられました。
厚生労働省の蒲原事務次官からは、6月18日に発生した大阪北部地震に係る〈ろうきん〉の対応への感謝や、財形貯蓄やiDeCoの普及・拡大をはじめとする勤労者福祉の向上への役割発揮への期待が述べられました。

20180628_2.jpg 20180628_3.jpg

大会の様子(左)         挨拶する中江理事長(右)

以 上

ページトップ