トップ暮らしのアドバイス

暮らしのアドバイス

マネートラブルにかつ!

マネートラブルにかつ!(第5版)

 

 

右矢印マネートラブルにかつ!(改訂第5版)pdf(PDFファイル/10.5MB)

 

教えてペイオフ

教えてペイオフ預金保険制度Q&A

教えてペイオフ冊子表紙

各回答はPDFで表示されます。

プリントアウトしてご覧になりたい方は、全体版をご利用ください。

「教えてペイオフ 」全体版(PDFファイル/1.8MB)


問い1

平成17年4月からペイオフの解禁が拡大されると聞きましたが、具体的に保護される範囲を教えてください。

回答を見る(PDFファイル/362KB)


問い2

平成17年4月以降も全額保護されるという普通預金無利息型(決済用預金)はどんな預金なのですか?

回答を見る(PDFファイル/351KB)


問い3

平成17年4月以降、同じ金融機関に普通預金無利息型(決済用預金)600万円、普通預金700万円、定期預金700万円がある場合、保護される範囲を教えてください。

回答を見る(PDFファイル/351KB)


問い4

現在、同じ金融機関に定期預金800万円、普通預金700万円、合計1,500万円あります。平成17年4月以降もこの1,500万円全部が保護されるようにしたいのですが、どんな方法がありますか?

回答を見る(PDFファイル/405KB)


問い5

現在、利用している普通預金を普通預金無利息型(決済用預金)に切り替えられますか?切り替えた場合、現在利用中の公共料金等の口座振替や給与・年金等の自動受取りサービス等はどうなりますか?

回答を見る(PDFファイル/405KB)


問い6

破たんした金融機関に預金と借入金(住宅ローン等)の両方がある場合はどうなりますか?

回答を見る(PDFファイル/343KB)


問い7

家族名義はそれぞれ保護されるのですか?

回答を見る(PDFファイル/343KB)


問い8

確定拠出年金の一部300万円を定期預金で運用しています。同じ金融機関に個人の預金800万円があります。もし預金している金融機関が破たんしたら、どうなるのですか?

回答を見る(PDFファイル/313KB)


問い9

健全な金融機関であれば、1,000万円を超える預金をしていても大丈夫なのではないですか?

回答を見る(PDFファイル/313KB)